LOADING
tel : 092-851-1134
10:00-19:30
Closed Sunday
access

BLOG

2019マラソンレース振り返りVol.1 ゆくはしシーサイドハーフマラソン。

2020.01.09 / 日記

知ってる方も多いかと思いますけども、わたくしランニングが趣味でして。
フルマラソンのために本格的に走り出して5年くらいでしょうか(初マラソンは40歳でした)

ま、もう趣味というより「ライフワーク」と化してますね。

というけで、折角走ってるし、意外と「走る」ことに関して質問されたり興味を持ってくれたりするようになったので、ちょっとずつ綴っていこうかなと思った次第です。あんまり遡るのも面倒なのでとりあえず昨年一年のレース結果を振り返りつつ見て行きましょう(ほんとは最初の2、3年サブ4できず藻掻いてた時期が泣けるんですが!)

2019の最初のレースは1月の「ゆくはしシーサイドハーフマラソン」。
2月の本命レース「北九州マラソン」のための調整レースとしてエントリーしました。ここで投下したのは

「ズームフライ フライニット」

箱根駅伝見たらもう履きたくてしょうがなくなるでしょう?早速お正月にナイキショップに行って定価(¥17,800)!!で買いましたよ(笑)
格好いい!

目標タイムは90分。これまでのベストは先月走った萩ハーフでの92分。サブ90は憧れのタイムでもあった。
とはいえ、このとき一週前に40km走しちゃってたんですよね、、、(というかこの月は2回40km走やってた)
なので、故障しない程度でって感じでスタートしました。
スタート後、周りに流されて1km通過。ラップは4:08/km!! これは僕にとっては速すぎる(汗) すぐにこれじゃ持たないだろうなぁと弱気になりペースダウン。がしかし弱気になったものの意外とサブ90ペースで楽に巡航できてる。やはりこれこそがズームフライ効果なのか!?後半、大きな橋での登りで多少ペースを落としたもののほとんど垂れることなく、ラストの脚も残った状態でフィニッシュすることができた。タイムはネットタイムながらも1時間29分56秒!正直あまりきつくなくあっさりと90分切れてしまった。

1km毎のラップタイム

1月かなり走り込んだ状態で、さらに40km走の後だったことを考えるとかなり上出来だった。今までで一番身体が動いたレースだったかもしれない。それくらい楽に走れたんだよなぁ。ズームフライを履きこなせたような感触もあり、この3週後の北九州マラソンでは3時間15分は楽に切れるんじゃないかと思っていたのである。

しかしこのときすでに身体はおかしくなりつつあったのかもしれない。

福岡のコーヒー豆焙煎専門店 トモノウコーヒー

814-0103
福岡市城南区鳥飼5-13-11-1F
tel : 092-851-1134 / fax : 092-851-1134
営業時間 : 10:00-19:30
店休日 : Sunday

Online Shop