LOADING
tel : 092-851-1134
10:00-19:30
Closed Sunday
access

BLOG

2019マラソンレース振り返りVOL.2 北九州マラソン

2020.01.15 / 日記

ゆくはしシーサイドハーフマラソンでSUB90を達成した僕は自信に満ちていた。それは単に結果が出たからではなく、今まで自分で工夫しながら独学でやってきた練習が間違いじゃなかったという確信だった。
ゆくはしハーフの次週の水曜スピード練習は回避し、しっかり疲労を抜いて迎えた日曜の20kmペース走。
フルマラソンの2週前には20kmをレースペースで走るのが僕のお決まりのルーティンだ。この日の練習もとても順調だった。4:35/kmペースを楽に刻み、かなり余力を残して終えることができた。この時は、このペースならフルマラソンを走りきれる。要するに3時間15分を切れると確信していた。気分よく自宅に戻り、シャワーを浴びる前に行ったトイレで「事件」は起きた。
何も考えることもなく用を足そうしたそのとき僕は目を疑った。尿がコーラ色なのだ。あまりの驚きに思わず尿を止めた。そして心を落ち着かせてもう一度ゆっくり放尿した。間違いなくコーラ色だった。これは?????もしかしてこれが血尿ってやつなのか?人生ではじめてのコーラ色の尿だ(しかし血尿ってもっと紅い血の色かと思っていた)もともと健康不安症(そんな言葉はないかもしれないが)である僕にはショッキングな出来事だった。焦った僕は、ネットで「ランニング、血尿」で検索しまくった。結果、「よくあること」的な経験談がたくさん投稿されていた。すこし落ち着きを取り戻した。幸いコーラ色の尿が出たのはその一回きりだった。大事には至らないだろうとは思ったが、やはり少しオーバーワークなのかもしれないという不安が残った。こういう不安は覿面に身体の動きにも表れる。自信を持って走りきれないのだ。一生懸命やってはいるけどもマラソンはあくまで趣味、遊びだ。仕事や家庭に悪影響が及ぶわけにはいかない。

結局そういう微妙な気持ちで北九州マラソンを迎えることになった。
ま、それでも3時間20分は切れるだろうと思っていたのだが、、、、、、、
40km地点。かなりへこたれていた。

前半は悪くなかった。ちょっと遅すぎるペースではあったものの、小倉の20km地点からペースアップ出来るだろうと思っていた。確かに20kmからペースアップしたもの長く続かなかった。冷たい風に晒されたからか門司港(30km)ではハムストリングが攣る始末。なんとか最後まで粘ったものの、まったくいい走りができなかった。

3時間20分51秒。
自己ベストではあったものの残念な気持ちのほうが大きかった。フルマラソンは難しい。調整もそうなんだけど、いつも単独走で練習してる僕は、集団で走ることに苦手意識がある。いつもレースでは集中力に欠けている気がする。

あとこのレースで噂のモルテンを試したんですが、正直効果はよく分からなかった。

あ、それと血尿はその後出ることはなく、特に問題ありませんでした(ま、出たときは何かしら問題があったはずですが)

フルマラソンなんて身体によくないことは分かっちゃいるけども、やめられない。

あの苦しみの先に何があるのか?

多分、何もないんだろうなあ。

福岡のコーヒー豆焙煎専門店 トモノウコーヒー

814-0103
福岡市城南区鳥飼5-13-11-1F
tel : 092-851-1134 / fax : 092-851-1134
営業時間 : 10:00-19:30
店休日 : Sunday

Online Shop